04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : 1日でも元気でと願う

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから1週間

2011
04/21
*Thu*
グリベック錠を飲みだしてちょうど1週間。

大きな副作用は出ていないようですが、

一時戻っていた食欲が少し下降気味。

明日は1週間目の診察。

少しでも効いていますように。

毎朝、頑張って飲んだんだもの。

少なくとも、服は着なくてよくなりますよ、キヨさん。

R0010453.jpg
スポンサーサイト

でもやっぱりつらい

2011
04/13
*Wed*
わかっていてもつらい。

グリベック飲ませるのも不安。

元気でいてほしいだけなのに。

キヨに大嫌いな薬を飲ませることになった。

キヨに辛い思いをさせる。

本当に元気でいてほしい、ただただそれだけなのに。

ここまでするのは、私達の傲慢??

私達の我儘? 

私達の悔いが残らないことが、キヨに一番いいことなの?

迷うよ。


薬物治療開始します

2011
04/13
*Wed*
今日、阪大獣医臨床センターへ行ってきました。

無事抜糸も完了。

R0010442.jpg


ですが、血液の中の悪性の細胞は減っていませんでした。

キヨに一番良い方法…先生も悩んでいるそうです。


前回も書きましたが、犬の脾臓原発の肥満細胞腫は症例が多いようですが、

ネコの場合、ほとんど症例がないのが原因です。

ですが、希望をつなぐために薬物療法の開始を薦められました。

最近東京で、ネコの脾臓原発肥満細胞腫にグリベックが効果があったそうです。

1匹は2週間で寛解(完治ではなく、症状が治まること)、

もう1匹は1年で寛解とまではいかなかったようですが、改善はみられたそうです。

たった2匹の症例だけど、効く可能性があるということです。


グリベックは人にも投与されます。

慢性骨髄性白血病の人などにね。

ネコの場合保険がききませんので、1か月7~8万かかりそうです。

でも、可能性があるのならやってみようと思います。

それで重い副作用などが出るようなら、すぐに止めようとも思ってます。

キヨに一番良い方法…

今は、これかなと思ってます。

効いて欲しいけど、副作用に苦しんでまで体力を消耗してほしくない。

やはり大切に時間を過ごすことが一番ですね。


R0010440.jpg

9日の体重は4.25Kgだったのですが、今日は4.45Kg!

まぁ、ほんとにコワイほど食べますもの

明日、抜糸じゃ

2011
04/12
*Tue*
明日抜糸しにいきます。

「これからのことを相談しましょう」とのこと。

一番良い方法。

キヨにとって一番良い方法で。

R0010434.jpg

猫のお洋服やさん Tissue's Trunkさん。

お世話になりました

この服のおかげで、無事抜糸までこぎつけました。




ウンチひとつで一喜一憂

2011
04/05
*Tue*
桜の季節ですね。

でも今年は、キレイだと思えないのです。

なんだかノッペリとした写真を見ているよう。

今日は私の診察日だったのですが、桜並木を桜の影を見ながら歩きました。


キヨの行く末への不安。

昨日、久しぶりにご飯の後嘔吐したキヨ。

嘔吐は、この病気の一番の症状です。

ガックリした私達。

いけないことだけどね、こんなことでは。

軟ウンチも続いていて、先生に聞いても病気が腸まで及んでいるのか

脾臓に腸が押されていたので、そのためなのか分からないとのことでした。


しかーし!!

今日は、いったい何日ぶりなんだよーー!!と、言いたくなるほどのはなまるなウンチが!!!!

オットと抱き合って喜びましたよ(バカみたいだけどね)


早く元気になれよ

2011
04/03
*Sun*
全快にはまだまだのよう。

そりゃあ、そうだ。

手術してまだ3日だもんね。

R0010413.jpg


服にもなかなか馴染めないようだ。

ごめんよ、キヨ。

R0010410.jpg


今日、戻ります。

2011
03/31
*Thu*
キヨ、今夜帰ってきます…早っ!

昨日の手術も無事に終わりました。

かなり腕の良い先生らしく、執刀時間20分…早っ!!!

とにかく無理やりねじ込んでくださったので、9時に病院に到着したのですが

手術が何時になるか分からないというので帰るにも帰れず。

結局病院を出たのは4時をまわっていました。

先生は何か処置をする度ごとに

「今から前処置をしますね」

「今からゆっくり麻酔をかけて、CTを撮りますね」

「これから手術に入ります」

と、丁寧に対応してくださいました(感謝)

肝臓にも悪性の細胞が見つかったようですが、今のところ問題はないようです。

他の臓器もきれいだったと聞いて安心しました。

とにかくひと山越えました。

これからは体力回復が第一。

「それから抗がん剤を使ってみましょう」とのことです。

抗がん剤といっても、今ある癌細胞をやっつけるのではなく、

これ以上増えないようにする薬だそうで、副作用も余りないとのこと。

少々値段はお高いようですが、そんなこと言ってる場合じゃないのでやってみようと思います。


本当はね、明日退院だったんです。

ですが、先ほど先生から電話がありまして、キヨ、部屋の隅で丸まってじっとしているようでして。

もちろん、ご飯も食べずで…。

「かなりストレスかかってるようなので、外科の先生とも相談したのですが

お家に帰ったほうがいいかなと思います」と(トホホ)。


昨日、麻酔がさめた時も面会したんですが、まだぼーっとしていて声も出せず動けないのに

「帰る、帰る」と意思表示をしていましたので、今日退院で良かったなと思います。



絶対がんばってくれる

2011
03/29
*Tue*
突然、明日の手術が決まりました。

キヨの手術。

来週の予定だったのですが、無理やりねじ込んでくれたようです。

「僕が一番腕が良いと思っている外科医です」

と、府大の先生が言ってくださいました。

その言葉を信じて。

暫く入院になるようです。

病気は治らなくとも、今現在のまま帰ってきてほしいです。

元気で食いしん坊で甘えたさんのキヨさん。

その後は、大切に時間を過ごそうね。

今は絶食になっているので、「ご飯は!」と怒ってます(笑)

帰ってきたら、いっぱいご飯食べようね。

R0010393.jpg




もうすぐ四月なのに

2011
03/25
*Fri*
まだまだ寒い日が多いですね。

家の前の公園は、桜祭りの提灯が灯りましたが、桜の花をめでるのは、もうしばらく先になりそう。

今は雪柳がキレイですね。

yukiyanagi.jpg

大好きな花なので嬉しくなります。


キヨは、4月の2週目ごろに手術となるようです。

来週には確かな日付の連絡が入ることになっています。

でもね。

思うんですよ。

キヨの場合、脾臓が腫れて肝臓が肋骨に入ってしまっているほどなので

他の臓器への圧迫を考えると、何よりもまず手術することが一番なのですが…

そのあと、今のような目がキラキラしてヤンチャなキヨが帰ってくるのかなって。

体力の消耗で余命が短くならないかなって。

ここのところ、私の頭のなかは「手術をしなければ」「でも…」の綱引き状態です。


心療内科の先生はガッカリするかな(笑)

少し気持ちが持ち上がってきて、このままの感じでいきましょうって話し合ったばかりで。

今月の仕事でも久しぶりに、グーッと集中している感覚が何年かぶりにあって。

こりゃあ、いけるかも!って、私も思っていたところでしたので。


だけど大丈夫。

キヨは案外頑張る奴だしね。

IMG_0058.jpg


大阪府立獣医臨床センター

2011
03/19
*Sat*
17日、大阪府立獣医臨床センターに行ってきました。

診断は、やはり脾臓原発の肥満細胞腫という悪性の病気でした。

ネコで内臓に発症するのは非常に珍しいそうです。

ほとんどは皮下にできる症例が多いそうです。

だからでしょうか、狭い診察室に6人のドクターが待ち構えていました。

採血検査・レントゲン・皮下にも出来ていないかの触診

お腹の毛を刈られ腹部のエコーをし、針で脾臓をついて細胞を取ってくる検査まで。

キヨは、賢く頑張ったそうです。


私達は、その2時間近くの間、待ち合い室で季節外れの雪が舞うのを見ていました。


手術が第一だそうです。

脾臓が大きく腫れていて他の臓器を圧迫しているそうです。

それでも余命は1年ほどと言われているけど、症例が少なくて良く分からないそうです。

手術をしなくても3年以上生きる子もいるんだそうです。

最近、比較的効果があると言われている抗がん剤が開発されたそうで、

一応それに効果がある腫瘍なのかどうかDNA検査もお願いしました。

手術は急激に状態が悪くならない限り4月以降になります。

3月は予定でいっぱいなんだそうです。


私は、何回「そうです」と書いたでしょう?

それほど分からないことばかりなんです。

信じられないことばかりなんです。



だけど寿命ってわかないですよね。

余命数カ月と言われても、何年も大丈夫なこともありますもの。

希望を持ちつつ、キヨにとって一番良い方法を考えていこうと思います。


キヨはね、元気ですよ。

ご飯も食べてますし、走り回ったりしてます。

また写真upしますね。


キヨの検査結果

2011
03/14
*Mon*
癌でした。

今度大学病院へ行くことになりました。

検査結果を聞いた帰り道、車の中で号泣しました。

私もオットも病をもち、そのうえ我が家の光であるキヨまで…

先は楽観視できないようです。


どんなに子供のように可愛がっていても、私達が見送らねばならない命なのは分かっていたのに。

こんなに急にカウントダウンなんて。


でも頑張らねば。

気持ちを強く持たねば。

しっかりしなければ。

嘘といってほしい

2011
03/10
*Thu*
キヨの腹部にシコリがみつかった。

癌かもしれない…

もしそうなら大きな病院で手術になるそうだ。

結果は一週間後。

お願い。

嘘だといって…。

それがダメなら、私がかわるから。

お願い。


プロフィール

きよたん

Author:きよたん
大阪在住。
オットとハナブチ猫との生活。
当然ネコ好き。
クマも好き。
虎キチ。

**カメラ**
Nikon D40x
Nikkor18-55mm
Nikkor55-200mm VR



キヨと出逢ったHP



カテゴリー



更新の記録



月別アーカイブ



LINK



illust 



Copyright © まっさらなキャンバス All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。