FC2ブログ
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府立獣医臨床センター

2011
03/19
*Sat*
17日、大阪府立獣医臨床センターに行ってきました。

診断は、やはり脾臓原発の肥満細胞腫という悪性の病気でした。

ネコで内臓に発症するのは非常に珍しいそうです。

ほとんどは皮下にできる症例が多いそうです。

だからでしょうか、狭い診察室に6人のドクターが待ち構えていました。

採血検査・レントゲン・皮下にも出来ていないかの触診

お腹の毛を刈られ腹部のエコーをし、針で脾臓をついて細胞を取ってくる検査まで。

キヨは、賢く頑張ったそうです。


私達は、その2時間近くの間、待ち合い室で季節外れの雪が舞うのを見ていました。


手術が第一だそうです。

脾臓が大きく腫れていて他の臓器を圧迫しているそうです。

それでも余命は1年ほどと言われているけど、症例が少なくて良く分からないそうです。

手術をしなくても3年以上生きる子もいるんだそうです。

最近、比較的効果があると言われている抗がん剤が開発されたそうで、

一応それに効果がある腫瘍なのかどうかDNA検査もお願いしました。

手術は急激に状態が悪くならない限り4月以降になります。

3月は予定でいっぱいなんだそうです。


私は、何回「そうです」と書いたでしょう?

それほど分からないことばかりなんです。

信じられないことばかりなんです。



だけど寿命ってわかないですよね。

余命数カ月と言われても、何年も大丈夫なこともありますもの。

希望を持ちつつ、キヨにとって一番良い方法を考えていこうと思います。


キヨはね、元気ですよ。

ご飯も食べてますし、走り回ったりしてます。

また写真upしますね。



プロフィール

きよたん

Author:きよたん
大阪在住。
オットとハナブチ猫との生活。
当然ネコ好き。
クマも好き。
虎キチ。

**カメラ**
Nikon D40x
Nikkor18-55mm
Nikkor55-200mm VR



キヨと出逢ったHP



カテゴリー



更新の記録



月別アーカイブ



LINK



illust 



Copyright © まっさらなキャンバス All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。